前に戻る

保津峡-馬堀駅

C5789  923レ 新緑の山と、緑に光る川面。  (保津峡-馬堀駅)    [690504]

C5789  923レ 秋、保津川の流れは澄み、緩やか。 保津峡駅を発車。  (保津峡駅)    [681123]

保津峡駅
京都駅

梅小路機関区

丹波口駅

C5715, C57190, C5789(左より) 夏の早朝、園部駅構内にC57が3両待機。  (園部駅)    [690831]

 トップページへ  
 C57 山陰本線(京都駅口)(1)  梅小路機関区
 C57 山陰本線(京都駅口)(6)  C57127 [梅]   

C5789 1823レで到着後、客車を切り離し駅構内のターンテーブルで方向転換、再び京都駅側客車を連結1830レとなる。  (園部駅)    [680712]

園部駅

C5789  1830レ 春、保津峡駅に迫る桜は満開。柔らかな空気は止まり、垂直に煙が上る。
  (保津峡駅)    [690410]

嵯峨駅

C5789 ピストン主連棒と動輪連結棒の接続部の金属部品に「L C5789」刻印。  (園部駅)    [680712]

C5789  923レ 嵯峨野、野々宮神社傍の踏切へ。  (嵯峨駅)    [690212]

C5789  1824レ 冷えびえする中、二条駅を京に向け発車。  (二条駅)    [690212]

C5789 923レ 昼過ぎの丹波口駅を発車。  (丹波口駅)    [691116]

C5789+C575  1827レ夕刻の丹波口駅を発車。  (丹波口駅)    [680317]

C5789 ナンバープレート、[梅]配置
昭和14年製造「日立製作所」
 (園部駅)    [680712]

C5789 扇型機関庫で運用待機。 (梅小路機関区)    [700106]

C5789   (梅小路機関区)    [651217]

C5789  給炭が終了し貯炭庫の横に停車。 (梅小路機関区)    [651217]

C5789  薄く雪の積もった日、ここは既に融けていた。冷気に蒸気が漂う。(梅小路機関区)    [651217]

トップページへ

「C57」 山陰本線(京都駅口)(5)
 C5789 [梅]

C5789は、1963年4月刊「国鉄動力車配置表」(鉄道図書刊行会)では金沢機関区配置であった。
その後、北陸本線電化に伴い亀山機関区へ配置転換後、梅小路機関区に配置された。

C5789 1823レの 折返し1830レとし、出発待機。  (園部駅)    [680712]

二条駅

C5789  923レ 初夏の嵯峨野、野に咲く草花と新緑の桜木。  (嵯峨駅)    [700501]

C5789+C575  回送重連の1827レ (京都駅)    [680317]

C5789 石炭燃焼灰を落とすピットと右に給油器具。 (梅小路機関区)    [651217]