トップページへ

キハ82系 特急 (1) 「北海道」

キハ82系 特急「北海」 旭川機関区で待機中。  (旭川機関区)  [670726]

キハ81系の改良型として、貫通型のキハ82系が1961年に製造が始まり特急として投入された。
いわゆる「サンロクトウ」(昭和36年10月)ダイヤ改正で、キハ82系特急は多くの各地域で運転が始まった。
北海道から九州へと、各地のキハ82系特急の記憶。

キハ82系 特急「北海」(函館駅ー旭川駅)函館本線山線を踏破する82系、周りの桜のつぼみもまだ固い。
  (塩谷駅)  [720503]

キハ82系 特急「おおとり」 北海道の夏の日差しを受ける。  (帯広駅)  [670716]

キハ82系 特急「おおぞら」 DCレと交換 (DC列車内から、池田駅)  [670716]

 トップへージへ
 DC82系 特急 (2) 「東北」へ
 DC82系 特急 (3) 「近畿・中部・北陸」へ
 DC82系 特急 (4) 「山陽・山陰」へ
 DC82系 特急 (5) 「関西-九州、九州」へ
 「長崎本線」 82系 「かもめ」(1)

キハ82系 特急「北海」 まだらに山の雪を背に、山線を走行。 
 (倶知安駅)  [720504]

キハ82系 特急「北海」 5月やわらかい陽の中、発車。  (小沢駅)  [720507]

キハ82系 特急「北海」 まだまだ白く輝く羊蹄山を背に。  (倶知安駅)  [720508]

キハ82系 特急「北海」 春浅い塩谷駅の大きいカーブ。  (塩谷駅)  [720503]

キハ82系 特急「北斗」(函館駅-札幌駅) おそい北海道の春を快走。 (北豊津駅)  [720508]

キハ82系 特急「おおぞら」(函館駅-釧路駅) 青函連絡船を下船しホームに急ぐと、
乗車はしないが特急が待つ。  (函館駅)  [670713]

キハ82系 特急「おおとり」(函館駅-網走駅)  (室蘭駅)  [670713]