トップページへ

室木線 8620

トップページへ

48675 客レ     (室木駅) [690802]
48675 客レ 上り列車となって発車待ち。時間の流れが止まるような瞬間。   
 (室木駅) [690802]
48675 後機廻り線から、客車の先頭へ、正運転となる。   
 (室木駅) [690802]
48675 客レが室木駅に到着し、切離し後機廻り線へ。   
 (室木駅) [690802]
48675 バック運転で室木駅行となる。   (遠賀川駅) [690802]
48675 客レが 遠賀川駅に到着し、すぐ機廻り線から、バック運転となる。   
 (遠賀川駅) [690802]
38634  遠賀川駅端に給水設備があり、ここで暫しの停車    (遠賀川駅) [680330]

鹿児島本線 遠賀川駅から室木駅までの11.2kmの室木線には、
若松機関区の8620が運用に就き、2両あるいは4両の客車とともに
往復を重ねる。
1966年と68,69年の記憶。

38634 客レ、遠賀川駅まであと僅か。    (遠賀川駅付近駅) [680330]
38634 客レ、鹿児島本線には421系    (遠賀川駅付近駅) [680330]
38629 「つばめ」マーク     (室木駅) [660816]
38629牽引客レ、ゆったり時間が過ぎる。後方に「セム」。   (室木駅) [660816]
38629[若」 若松機関区所属機     (室木駅) [660816]
38629牽引客レ。   (室木駅) [660816]
38629牽引客レ。   (室木駅) [660816]
38629と石炭運搬用路線の名残の石炭緩急車「セフ」   (室木駅) [660816]
38634 客レは、ほぼ平坦線を静かに進む    (遠賀川駅付近駅) [680330]
38629のシリンダー点検蓋に「つばめ」マーク     (室木駅) [660816]
38629 が2両の客車で発車待ち。  (室木駅) [660816]