前に戻る

トップページへ

「毎日新聞 1964(S39)年7月25日 夕刊」記事

新大阪駅建設工事 (21)
[64年7月25
日]

64年7月15日に新大阪駅へ0系新幹線車両が入線し、10日後の7月25日には
新大阪駅-東京駅間の全線直通の試運転が始まった。
当日の新大阪駅では、工事関係者の見守る中、、出発式「テープカット」が行われた。

「毎日新聞 1964(S39)年7月25日夕刊」新聞記事(拡大へ)

「朝日新聞 1964(S39)年7月24日」記事

東京駅へ。    [640725]

[4001]を開放し、0系にカバー取付の様子。    [640725]

連結された軌道試験車[4001]を0系から解放する。    [640725]

初直通東京駅行が発車した後、軌道試験車[4001]+0系全景が見える。    [640725]

関係者の歓喜の声と共に、いよいよ東京駅へ直通する。    [640725]

0系新幹線が軌道試験車と並び出発を待つ。    [640725]

出発の式典が始まり、テープカットを待つ。    [640725]

「朝日新聞 1964(S39)年7月24日」新聞記事(拡大へ)

新大阪駅建設工事 (22) 

新大阪駅博多方向終端、山陽新幹線へと工事が始まる予定。    [640725]

新幹線0系の前、空を舞うテープ。    [640725]

東京駅へ初直通する。    [640725]

東京駅へゆっくり出発。    [640725]

多くの報道カメラマン、工事・駅関係者の中、テープカットを待つ。    [640725]